漂流日誌

札幌のNPO「訪問と居場所 漂流教室」のブログです。活動内容や教育関連の情報、スタッフの日常などを書いています。2002年より毎日更新

どたばたな一週間

■日曜の夜、子供の通う保育園からメールが入る。保育園関係者にコロナの陽性者が出たという。とりあえず月曜は休園とのことで、仕事は全部キャンセルした。

■月曜夜に再度連絡があり、子供のいるクラスは検査対象となると知らされた。濃厚接触者かそうじゃないかでその後が変わる。濃厚接触者だった場合、検査結果が陰性でも二週間自宅待機となる。対象は子供本人で家族は外出自由だが、一歳児を残しては出かけられない。一月いっぱいは家にいなきゃいけなくなるかもしれない。とりあえず火曜、水曜の予定を全部キャンセルする。

■明けて火曜日。朝にメールが来る。子供は低リスクとのこと。保育園でPCR検査。結果が出るのは翌日。陰性なら晴れて日常復帰だが、問題は陽性だった場合だ。一歳児だけ隔離するわけにもいかない。すこしでも軽症なことを祈って感染覚悟で一緒に暮らすしかない。ホテル療養は子連れには向かない。ベッドしかない部屋で行き詰まるのが目に見える。自宅待機か。食べ物を誰に持ってきてもらおう。山田ひとりで漂着教室を回すのは無理なので、いったん閉めるか。いろいろなことをグルグル考える。

■そのうちだんだんイヤになってきた。いくら頭を悩ませたって、実際は保健所からの連絡を待つ以外することはないのだ。考えようによっちゃ、平日にゆっくり家にいられる得がたい機会だ。子供と遊び、酒を飲んで過ごす。

■水曜日。午前中に子供は陰性だったと連絡が来る。ひとまず胸をなでおろすも、陽性だった子が何人かいたそうで、そのことを思うと単純に喜ぶ気持ちにもなれない。どれだけ心配だろうか。そして、開園のめどは立っていない。陽性者が増えた分、検査範囲が広がり、先の読めない状況だ。

■ということで、木曜から仕事復帰。今日は事務所に子連れで来ました。しかし、オミクロンさんは攻めの速度が速いですよ。あっちでもこっちでも火の手が上がって、気づくと包囲されている。こんな感じでちょくちょく予定中止や変更をお願いすることになるかもしれません。ご協力お願いいたします。

脱水ダイエット

■食あたりにより上下から水分を出しまくった結果、一日で1.1kg体重が減った。いつもダイエット記録をつけているアプリに入力したら「順調ですね。この調子で」と励まされた。全然順調じゃないよ…食あたりダイエット。

■で、あまりに具合が悪かったので、恒例の味噌汁デイも中止。ポカリスエット経口補水液で水分を入れて、なんとか復活。夜までスタッフ送迎。その後に週末にやるホームレス概数調査の下準備で夜の街を巡った。

■下のほうがゆるい状態なのは続いている。とりあえず、体調戻るまでは走らない。(金曜日)

食あたりした

■食あたりした。夕食で食べた鮭わかめご飯に当たったと思われる。一晩中、下痢が続き吐き気もずっとあり、とうとう朝方に戻したらかなり楽になった。でも、まだへばっている。木曜日のお味噌汁デイは休みにしよう。50歳になった一日目がこれか…。(木曜日)

24

■皆さんこんにちはボラスタの山川です。先週の土曜日を持ちまして24歳になりました。ありがとうございます。23歳は非常に濃かった1年でしたので24歳は少し薄くても大丈夫だよと自分に言い聞かせています。

■そして先週は成人式が行われていたらしく、自分が20歳の時を思い返したりしてました。中学校に行かなくなり、高校は自宅から離れた場所に通ったので思い出も特には何もありませんでしたしスーツもいらないと言ったのですが、スーツだけは買っておきなと言われ母親とスーツを買いに行ったような記憶があります。そのスーツも今は既にお腹周りが厳しくなってきましたので少しずつお肉と体重を落としていこうと思います。

■24歳から30歳まであっという間な気がしてしまって少し震えていますが、やってみたいなと思うことを漠然とでもいいので見つけていこうと思います。ではまた。

半人半猫

■朝、出がけにゆらと遊んでいたら手を思い切り引っかかれた。爪が鋭い。まだ子猫というのもあるが、なかなか爪を切れない。こんなに爪切りを嫌がる猫は初めてだ。

■思い出すと、最初に猫を飼ったのは97年だったはずなので、かれこれ人生の中で25年は猫を飼っている。ちょうど18日が50歳の誕生日なので、人生の半分は猫と暮らしているのだな。一匹目を飼った時には、こんなことになるとは思わなかった。にゃった、ロト、もみじ、おむすび、ホルス、ゆら、と色々と思い出すことがあるのは楽しい。

スマホを持ち始めて俄然猫写真の量が増えているのだけど、最近ちょいちょい俺と猫が似ていると言われることが多くなってきた。

f:id:hyouryu:20220118175233j:plain:w400
似ているらしい

猫が俺に似るのか、俺が猫に似るのか。半人半猫。どうせ似るなら、ダイエットして痩せるのも似てほしい。ホルスくんや。(火曜日)

フリーがないスクール

■朝起きたらテレビが津波の情報を流している。地震ではなさそうだ。震源地情報がない。じゃあ、なんの津波かと思ったら、なんとトンガの噴火が原因だという。確かに前日にそんなニュースを見た。被害状況はまだわからないが、迅速な救済を願う。

■しかし、遠く南太平洋の国で起きたことがこんな形で影響するとは。いや、かつてハワイの火山が噴火して、日本の稲作に影響を与えたことがあった。しかも二年後に。あのときは米を買いに並んだのだ。今回もまだまだ続くだろう。

f:id:hyouryu:20201105191505j:plain

■一昨日の日誌で「フリースクールとはなにか」とぼやいたが、記事に答が書かれていた。

校内フリースクールは、空き教室にじゅうたんを敷くなどして、生徒が心地よく過ごせる空間作りを各校で工夫する。異なる学年の生徒が一緒に通うこともあるため通常の授業はせず、自習など1日のスケジュールを生徒自身が決めるようにするほか、スクールカウンセラーに悩みを相談しやすい環境も整える予定だ
名古屋市、校内フリースクール開設へ 中学30校に、2022年度から | 毎日新聞

  • 生徒が心地よく過ごせる
  • 自分の予定は自分で決める
  • 悩みがあれば相談できる

これらの条件を充たす場所が「フリースクール」だと名古屋市教委は考えているわけだ。制服には触れていないが、あくまで「校内」だから着用しといてねってことなんだろう。

■でも、それじゃあ「校内フリースクール」以外が不穏だ。「フリー=自由」ならば、身体および精神の自由、自己決定の自由、相談の自由のない場所が「スクール」だという話になってしまう。それでいいのか、名古屋市教委。

■なので、やはり学校全体を「校内フリースクール」の規格にあわせた方がいいんじゃない。文科省の通知でも「不登校が生じないような学校づくり」として、いの一番に「魅力あるよりよい学校づくり」を挙げている。

■野放図になるのを恐れているのかもしれないが、「校内フリースクール」ではできるわけでしょう。そして、民間のフリースクールでもできているわけでしょう。そのためには教室も教員ももっと必要で、そんなに金をかけられないから、「困難を抱えた一部の生徒に向けた支援」という括りにしているんだろうけど、それはそれで失礼なあつかいだ。インクルーシブ教育はどこへいった。

雪もコロナも油断しがちだ

■夜勤明け、酷い路面を自転車で走っている人を見る。何かの罰ゲームなのか。金曜日に説明訪問に行った時には、スタックしている軽トラックを助けた。この道路状況でスコップもヘルパーも積まないで走るのはやめた方がいい。

■コロナの感染者数はうなぎ登りなのに、どうも自分の中で危機感が高まらない。やはり、昨年末にひと息ついたような状態になったのがいけないのだと思う。知り合いの漫画家が東京で感染して入院することになったというのを見てもそう思う。

■「傲慢な権利意識」というフレーズを見て、傲慢さと権利主張をくっつけがちな無意識の傾向があるな、と感じる。「傲慢な義務押し付け」というフレーズはあまり見かけないし、それに違和感を持つ人も多いのではないか。権利=主張=無理やりさ傲慢さ、のような等式は日本人ならではだと思う。実際は、義務の押し付けから権利侵害が始まるのであり、そのあたりを勘違いしてはいけないと思う。(火曜日)