漂流日誌

札幌のNPO「訪問と居場所 漂流教室」のブログです。活動内容や教育関連の情報、スタッフの日常などを書いています。2002年より毎日更新

続・続伸

f:id:hyouryu:20201023104045p:plain
■秋の風物詩、「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」。2019年度の不登校児童生徒数が発表されました。前年度よりおよそ16,000人増の181,272人。2012年からのV字回復っぷりよ。これが日本経済だったらなあと思ったら、去年の通信でもおなじことを書いていました。

■ちなみに18万人というのは小樽市石狩市の人口を足したくらいです。北海道の不登校児童生徒数は前年度より1,100人増えて7,630人でこれは夕張市の人口くらい。札幌市はおよそ300人増の2,936人。いま話題の寿都町の人口よりほんのちょっと多いくらい。2,000人を超えたのが2015年度なのでなかなかの伸びっぷりです。

■まあ、普段「学校を休んだってかまわないじゃないか」と言っているくせに増えた増えたと大騒ぎするのは辻褄があわないし、全児童生徒に対する割合は1.88%で圧倒的少数なのは変わりない。それでも中学校では25人にひとりなんて書かれるとああ増えたなと思う。前は36人にひとりとかで、クラスにひとりの割合ですなんて言ってたら、先に少人数制学級を導入された。

■おもしろいところでは「自宅におけるIT等を活用した学習活動を指導要録上の出席扱いにした児童生徒数」が608人と、前年度の286人に比べ倍近くに増えている。それでもほんのちょっとなんですが。ちなみに民間団体、民間施設(いわゆるフリースクールなど)を利用している児童生徒数は6,328人。全体の3.5%とほぼいつも通りの結果に。今後、ここの差はどんどん縮まるんじゃないかな。

■2015年度より統計に加わった理由別長期欠席者数。「経済的要因」が全国で30人。「病気」はおよそ49,000人。「その他」が25,515人。「その他」には、保護者の教育に関する無理解・無関心や家族の介護、家事手伝いといった「ヤングケアラー」、外国での長期滞在、連絡先不明などが含まれます。ここの内訳を知りたいな。

■データおよびグラフは文科省のサイトから。NHK「データでよむ」のリンクも貼っておくけど、そのうち消えちゃうだろうか。5年前と比べると小学生の不登校は2.1倍(中学校は1.4倍)になっている。小学校での暴力行為やいじめ発生件数は5年前の4倍とのこと。そんなに落ち着かなくちゃ不登校も増えるだろうと思うけれど、要因は相変わらず「無気力・不安」が40%でトップなのねえ。
www.mext.go.jp
www3.nhk.or.jp

自分だけではない

■こんにちは、ボラスタ高橋です。

■うちの街では最近子どもの支援の場所「発達支援事業所」が増えています。需要があり、お子さんのことが心配で、発達支援事業所の利用者も増えています。しかし、こんな話も聞きます。事業所の方が自分のところにどうにか通わせようとして、曜日時間の要望に関わらずどんどん利用者を入れ、利用定数をオーバーしてもまだ役所に受給者証申請をし、役所に申請を断られると「断られたら子どもとその親はどうするんだ!」とトラブルになったそうです。

■うーん、まあ自分は当事者じゃないのでなんとも言えないのですが、一つ思うところがあって、困っている人を支えることが自分の役割だったとしても、困っている人を支えられるのは自分だけではないと思っておきたいなとは思います。

中井久夫さんという精神科医の著書には、

「自分」が妙に意識されているときには、よい治療を行っていない。治療が円滑に流れているときは、「自分」があるのかないのかわからなくて、緑の木々を通ってきた5月の風が、開け放った座敷を吹き抜けてゆくような感じである

とかかれています。医学の専門書なのになんて抽象的なんでしょうか。でも分野は違えど自分自身はこの感覚に賛同していて、ふと本を読み返します。

■来週から少し仕事が忙しくなりそうです。でもゆったり構えていきます。

訪問スタッフとは

■息子の自由帳に描かれていた落書き。これはもしかして私なの?このGodと書かれた服を着ている釣り目は私ですか旦那よ。

■訪問先の子に毎月通信制限を心配される私ですが、今月はWi-Fiを切ったまま操作している時間が長く一昨日から通信制限になりました。私のスマホ事情をよくしる訪問先の子は、「もう!?」と驚いていました。私も驚きました。

■7年ほど訪問している家があるのですが、この間初めて「寝るのが怖い」という話を聞きました。同じ悪夢を何度も見たり、寝る前に嫌な想像をしてしまうそうです。私も子供の頃はよくサメの夢を見ていたので、怖いよね、なんなんだろうねと話しました。

■実はそういう話をしたのは本当に久しぶりでした。訪問が長くなればなるほど、その子の中で私という存在の役割が決まってきているような気がします。それはこちらが意図して作った役割ではないけれど、「なんでも話せる」「何も話さなくていい」漂流の訪問で、この感覚は取り外したい。けどそれもまた私の気持ちにしか過ぎないんですよね。ちょっと何言ってるのかわからない。難しい。

45億

■皆さんこんにちはボラスタの山川です。鬼殺隊に入りたいこの頃です。

■ついこの間「鬼滅の刃~無限列車篇~」が公開となり、札幌駅が激混みしていました。公開3日で興行収入45億円突破との事。素晴らしい。過去に「千と千尋の神隠し」が確か350億円の興行収入だったのでこの速さだとすぐに記録を塗り替えそうな気がします。鬼滅の刃知らないという方に物語を伝えるのが下手くそな山川がざっくりと物語を説明しますと、主人公[竈門炭治郎]がいまして、ある時妹[禰豆子]が鬼にされてしまうんですね。自分が倒さなければならない対象。鬼。でも妹なんです。でもその妹の鬼は少し他の鬼とは違うみたいなんです。そんな妹[禰豆子]と主人公[竈門炭治郎]が鬼を倒すお話です。アニメしか見てなくてざっくりとしてますが。この鬼滅の刃に出てくる冨岡義勇って人がいるんですが、僕はこの人が大好きです。

鬼滅の刃ブーム到来していて、100均でも名前は伏せてますが、主人公の着ている服っぽい柄の鉛筆とか消しゴムとか出てるみたいです。鬼滅すげえな。ではまた。

こんなつながりもできるか

■学校と新しい連携を取ることになった。不登校を始めると、学校は顔を合わせて無事を確認するが、札幌はこれまでにあった児童虐待事件の経緯もあり、特にそれが厳しい。そして、それは不登校している人にとって、学校との軋轢を産むことが多々ある。そこで、スクールカウセラーさんが、漂着教室への来室を学校に報告することで担任と本人の顔合わせに代えるのはどうか、と学校に提案してくれたのだ。似たケースはあったが、正式にそのような形にするのは初めてな気がする。訪問にもこれを拡大すれば、漂流教室と関われば学校との連絡はいらなくなるということができるのではないか。

■提案してくれたスクールカウンセラーさんは以前相談支援パートナーで行っている学校でお世話になった方だった。今度飲みに行きたいな。(水曜日)

従属の理屈

■昨年11月に死んだ中曽根康弘の合同葬儀が昨日行われた。内閣と自民党の合同葬で、2億円近い予算が疑問視されていたが、弔意表明を関係各所に送りさらに問題が大きくなった。

文科省では国立大や文科省の機関などに協力するよう文書を送った。都道府県教委にも同様の文書を送り、市区町村教委への参考周知を依頼した。大阪府教委は府立高校への通知を行わず、市町村の小中学校への通知も依頼しないとしたが、東京都のように各小中学校まで周知した自治体もある。

■さて、今回は対象にならなかったようだが「多様な学びの場」はどうなるか。Twitterなどを見ていると「国立大学は国からお金をもらっているのだから、国の要請に従うのは当然」という論調が目立つ。「金をもらったからには従え」という理屈だ。

■多くのフリースクールは長らく公的支援を求めて来た。北海道フリースクール等ネットワークもそうで、札幌市の補助金はその成果のひとつだ。教育機会確保法はもともとフリースクールオルタナティブスクールを公的に位置づけるためのものだった。おそらくいまもそれは捨てていない。念願かない公的な予算がついたとして、上記の理屈に従えば「多様な学びの場」にも通知は下りてくるだろう。従わねばバッシングはもちろん、補助金見直しや交付停止ということもあり得る。日本学術会議の予算は行革対象にされ、あいちトリエンナーレ補助金は不交付となった。

■俺は教育は無償であるべきと思っている。そもそも国際人権規約を批准しながらいまだに高等教育を無償にしていないのがおかしい。また、どのようにも育ち、学ぶ権利が保障されるべきだと思っている。なので、学校以外で学ぶ子供の負担をなくす必要があると考えるが、相当に気をつけないとこんな状況では藪蛇になる。ただ、この危機感はどれほど共有されているか。ひょっとしたら今回すすんで弔意を示すところまであったんじゃないかと疑っている。

日本国憲法第20条
信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない
何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない
国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない

教育基本法第14条の2
法律に定める学校は、特定の政党を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない

ルーチン土曜日

■今月は金曜日に夜勤が入っていて、土曜日午前は崩れているのだ。昼から訪問と久しぶりの送迎。その後、また家に戻ってお休み。夜はいつメンで飲み。

■ばたばたと過ごしているうちに、あっという間に十月も半ば過ぎですよ。それにしても、世の中の色々がこんなに自分にストレスをもたらすものとは。(火曜日)