漂流日誌

札幌のNPO「訪問と居場所 漂流教室」のブログです。活動内容や教育関連の情報、スタッフの日常などを書いています。2002年より毎日更新

学校を休めば出席

文科省のサイトを見ていたらおもしろいものを見つけた。

www.mext.go.jp

■感染不安から学校を休ませたいと相談があった際の取り扱いや、不登校の児童生徒が自宅などでICTをつかって学習を行った際の出席扱いについて、教育委員会や学校に向けたQ&A。感染不安についてはこれまでとおなじ。学校の対策を説明、理解を得る努力をした上で、「生活圏において感染経路が不明な患者が急激に増えている地域で、同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいる」など「合理的な理由があると校長が判断」した場合は指導要録上の「出席停止・忌引等の日数」として記録できる(欠席扱いにならない)。

不登校についてはコロナ禍でも定義は変わらない。子供が自宅などでICTなどをつかった学習をおこなった際は、これまでの通知にのっとって、一定の条件を満たせば指導要録上出席扱いとすることが可能になる。あれっと思ったのはのは次。

上記の通知に基づく取扱いは、家庭にひきこもりがちな義務教育段階の不登校児童生徒に対する支援の充実を図り、学校への復帰や社会的な自立を目指すものであることから、不登校児童生徒に限り、上記の通知に示す一定の要件の下で適用されることに留意してください。このため、感染不安を理由に学校を欠席する児童生徒について、たとえICT等を活用した学習を行った場合であっても、ただちに出席扱いとすることは適切ではありません。また、不登校が必要な程度を超えて長期にわたることを助長しないよう、個々の児童生徒の状況を踏まえつつ、学校外の公的機関等での相談・指導を受けることができるようにするなど指導上の工夫が重要です。

年間30日以上欠席している子なら、家で学習すれば出席扱いになるが、感染不安で学校を休んだ子がおなじことをしても出席扱いにならない。ということは、感染不安で学校を休んだ場合、そのまま30日以上休み続ければ出席扱いの目が出るということだ。積極的に学校を休もうという呼びかけにとれる。

■学校に行かなければ出席になる。不登校と感染不安の欠席をわけるから、こんな変なバグが生まれる。

■ちなみに「通知」とは、2019年10月25日に出た「不登校児童生徒への支援の在り方について」で、当時、学校復帰を前提とした施策が廃止されたと話題になった。だが、今回のQ&Aには「上記の通知に基づく取扱い」は「学校への復帰や社会的な自立を目指すものである」としっかり書かれている。そんなもんですよ。なにも変わっちゃいない。

■2月最後の日は春のような暖かさだった。明日から3月。年度末に向け一気に加速する時期だ。

香りの揺り戻し

■10時からボランティアスタッフ研修会。13時半からオンラインで不登校の相談。16時からオンライン訪問(って変な言葉だな)。予定のつまった金曜日。しかも最終金曜だから、18時から宴会だ。来年度以降、世の中がどうなるかはわからないけれど、オンラインの形は残す&強化していく形でいいだろう。


https://www16.sapporo-c.ed.jp/momijidaiminami-j/attach/get2/957/0

■これからということでいえば、札幌市教委が化学物質過敏症について啓発を始めた。まだ「エチケット」のレベルだが、こんなリーフレットを配るくらい訴えが多いんだろう。漂流教室の利用者にもいる。これから増えることが予想され、さてどういうかかわり方をするか。それこそオンラインでいいじゃないかというのは違うと思うのだ。なぜ、苦手なものがあるからって、そうじゃない人と違う方法を選ばせられなきゃならないのか。

■ジャージ登校がOKになったことで、においへの拒否反応が増えたという話も聞いた。毎日ジャージを洗う→洗剤や柔軟剤をつかう→教室にさまざまなにおいがあふれる、という仕組みらしい。先生方も頭が痛くなることがあるとか。こんなに洗剤ににおいをつけるようになったのは最近の気がするんだよな。正確には、無香料や香り控えめな商品が主流の時期があって、揺り戻しのように強い香りに振れている感じがする。

■なんつーか、においへの恐怖みたいなものを感じるよね。あまりいい傾向じゃないと思うな。ペットには影響ないのかしら。

■そういや、北海道で全公立小中に臨時休校の要請が出たのが昨年の2月26日でしたな。あれから一年、状況はよくなってないよね。一時期あまりにひどかった分、上向きになったように感じてるだけで。そして昨年の宴会時に最初の緊急事態宣言が出たのでした。

hyouryu.hatenablog.jp

あ、いま「緊急事態宣言、首都圏除き今月末で解除。菅首相が表明」と速報が出た。

自分のことを踏まえると

■こんにちは、ボラスタ高橋です。最近m漂流日誌を見る機会が減ってきていて、「次の日誌、高橋くんの番だよ!」とメールをいただいたときに、はっとして日誌を見ることが多くなりました。最近は「不登校の心配のある生徒の保護者交流会」についての話題が多かったんですね。自分もちょっと気になることがあって、思ったことを書こうと思います。

■自分は高校生のころ不登校でした。この頃の自分の気持ちは「学校という毎日行って当然の場所なのに、何か理由をつけて行かないことを選んでいるのが苦しい」
といった感じです。学校に行かない理由は、勉強ができなかったり、クラスメートと馴染めなかったりとそういった理由でしたが、それでも学校にはいくもんだろ、という考えが頭にありつづけて、葛藤するのが苦しいような、そんな記憶があります。「学校に行こうと思っているけれど、いけない」に近い気がしました。

■ところで、自分の実感として不登校の人でそういう理由の人は減ってきたのでは、と思っています。なんの根拠もなかったのですが、「不登校50年証言プロジェクト」の滝川さんの回を読んで納得しました。なんとも言えない学校の尊さみたいな部分を「聖性」と表現していますが、確かにそういうことかもしれない。

futoko50.sblo.jp

■そしてその聖性が失われてきているというのも分かります。実際うちの街は農業高校や情報コミュニケーション学科がある高校の倍率が高いようで、普通高校普通科は定員割れしているそうです。三笠高校の調理師・製菓コースも倍率が高いですよね。具体的なスキルが身につく学校にいきたいと思う人が増えているのも、消費社会・個人社会の最中にある当然の流れなのかもしれません。

■なんてことを思った話です。「不登校50年証言プロジェクト」は結構読み応えがあって繰り返し見ていたりします。特に、稲村博さんの件を当時関わりのあった方に尋ねていて、こうやって残しているというのはすごいと思います。

それでいい

■2年前まで、「ごめん、来週訪問の時間ずらいしても良い?」と言った私に、「あ〜分からないんで親に聞いてください」と言っていた子が、今日私に「来週この曜日5回あるけどどうします?なんなら一週休みにして他の日2時間にしません?」と言いました。

■数年前、「2時間も訪問!?何しよう!?」と慌てていた子が、「今日2時間もあるね〜のんびりできるね」と微笑みました。

■こういう日に出会えると、私慣れしたんだな、と思います。違う、「漂流教室の訪問に慣れたんだな」と思います。そうです、それでいい。ピンポンを鳴らして、「忘れてた!」それでいい。毎週強引に押しかけて、ごめんね、そう思います。

寝方

■皆さんこんにちはボラスタの山川です。

■最近寝ても2時間弱で目を覚ましてしまうようになってしまいました。それから1時間弱起きててなんか適当に過ごしてまた寝るみたいな感じですね。布団を重ねるとすごく暑くて目が覚めてしまいます、多分布団が重たいのかな。基本部屋には暖房とかストーブが無いのでリビングからの温風を部屋まで持っていくんですが、なんせ寒くなり始めた時に窓を閉めておかなかったせいで窓が半開きになっているんですよね、家に帰って自室に入ったら大して外と気温が変わらなかったり部屋の中で白い息が出たりしています。なんか室内キャンプみたい。今日は帰ったら寝室を改造してみようと思います。より気持ちいい睡眠を。グッドナイト

■話は変わり今日バイト先に山田さんが来ました。お菓子美味しいか聞かれて正確に答えられませんでしたね。これでもうバイト先に知り合いが来ても大丈夫になりました。いつでも来てください。ではまた

研修説明会など

■日曜日の話し。本州で生活困窮世帯の学習支援をしているNPOが北海道の学習支援団体向けにノウハウを提供する研修を行うので、その説明会をオンラインで聞いた。それぞれの町で有志が個人的に始める場合に対応したようなもので、既にやっている団体にはあまり魅力的ではなかった。大きな団体なので、そこと繋がりを作っておくためには受けてもいいかもしれない。

■その後、ボラスタの山川くんがバイトを始めたので冷やかしに行った。元気で働いていた。午後、メガネを久しぶりに作り遠近両用レンズにした。来週日曜日に出来上がるのが待ち遠しい。夕方から、友人と家で鶏皮を煮て飲んだ。中華の水煮肉片も作った。(火曜日)

f:id:hyouryu:20210223124641j:plain:w400
人と猫で宴会

なんでなんでナンデ?

■理由を問うてもしかたない、これまでこの日誌にも書いたし、相談でもずいぶん口にした。「なんで」という言葉はないものとした方がいいとも言った。でも、気がつけばしょっちゅう「なんで」「どうして」と言っている。いやはや。理論と実践は違いますね。ほんと、利いた風な口をたたいてすみませんでした。

■今日は夜に大泣き。どうも知らないところに行った日はそうなる気がする。昼にニトリに行ったからな。おもしろいのは一度眠ってから泣き出すことで、夢を見てるのかな。赤ん坊から見た世界はどんな世界なのか、体験してみたい。

■タイトルは鈴木蘭々の曲から。でも、どんな曲だったかは覚えてない。あ、動画があった。


鈴木蘭々/なんで なんで ナンデ?