漂流日誌

札幌のNPO「訪問と居場所 漂流教室」のブログです。活動内容や教育関連の情報、スタッフの日常などを書いています。2002年より毎日更新

倍率0.98

■本日のサンデースクール会場はコミュニティ茶屋。お昼ごはんはチゲ鍋をつくって食べる。ニラを切らずに入れてしまったのは内緒だ。高校受験を控えた利用者は問題集に取り組む。

■今年度の北海道の公立高校入試倍率は0.98だそうだ。地域差、学校差はあるが、トータルでは定員に対して受験生の方が少ない。ここに私学が加わるわけで、高校全入時代はとっくに来ている。

■進学先を選ばなければ高校に入れるなら、「登校しなくちゃ高校に行けない」との脅しは意味をなさない。北海道はもともと内申ランクのシステムがあって、中学三年間の成績で受けられる高校が指定される。無視してもいいが、ランク外からはまず合格しないので、自然とその枠に従う。

■中学一年生でしばらく学校を休んだとする。二年生で復帰しても上位ランクの高校を受けるのはほぼ不可能だ。進学だけなら途中から学校に戻るインセンティブは低い。そこへもって公立高校全入なら、ますます通う動機がない。といって高校を減らして競争させれば、追い詰められる子は増え不登校は減らない。

■進路の観点から不登校を論じるのはますます難しくなるだろう。さて、これからどうなるか。とりあえずは私学の台頭か。特進コースか異才発掘か。特別なプログラムによる高校後の進路アピールはすでにおこなわれている。

通信制高校もその輪に入る。地元の公立高校へ行くより広域通信制の方が出会いもカリキュラムも上だと宣伝するだろう。個別最適化は「できる」人、「受けさせられる」家庭を利する。公教育のセーフティーネットであった韓国の代案学校も、そこへ通うことが新たな「強み」となり競争に取り込まれたと聞いた。

■では公立高校の役割はなにか。7年前か、北星余市高校のイベントでは、「負けを」支える仕組みが必要、全入時代の高校は社会への移行支援機関の役割が求められると言っていた。そうなるのだろうか。いや、すでになっているのか。

文科省が全国に300箇所増やすと息巻いている不登校特例校は、高校の入試倍率が1を切る世の中で意味を持つのか。もちろんフリースクールもだ。代案学校のような方向へ進むのか。別の軸を探すのか。

■誰のためなにをする団体か。考える時間はあまり残されていないかも。

シューレ周辺の記録(その2)

文科省主催の不登校特例校2022年度「全国の集い」が中止になった。準備会事務局が学校法人東京シューレ学園で、母体となったNPO法人東京シューレはかつて性加害事件を起こし、いまだ検証も被害者救済も終えていない。公的機関による重用は被害者への二次加害にあたると被害者本人が声を上げ、事件を重く見る人たちが追随した。

事件が起きたときも民事訴訟で裁判になったときも、NPO法人東京シューレの代表は奥地さんで、いまは学校法人の学園長を務める。学校法人東京シューレは性加害再発防止の取り組みから2021年に離脱した。訴えはまったく正しい。

文科省は中止の理由を明らかにしなかった。「準備をしていく中で様々な御意見をいただいたことから、開催が困難な状況が生じたため中止とさせていただきます」とあいまいな表現で済ませ、自身が起こした加害団体への権威づけも隠してしまった。参加予定者への謝罪はあったが、被害者への謝罪はなかった。

■理由を伏せての告知は憶測を呼ぶ。元文部事務次官で教育機会確保法成立に尽力した前川喜平は、イベント中止について「何か筋違いなクレームがついたため、急遽中止になったようだ」とツイート。さらに加害を広げた。

■そのうちしれっと消してなかったことになるかもしれないので、こうして記録しておく。これは自分への戒めでもある。「被害者本人が声を上げ」と書いたが、それがどれだけ大変か。で、そのとき自分はなにをしていた。

■九州で新たにフリースクールを始めたいという人から連絡があり、zoomで話した。やりたい形を考えたとき、漂流教室が一番近かったんだそうだ。こういうできごとは本当にありがたい。20年もやっているとあれこれ積み重なって自縄自縛に陥る。外にいる人から自分がどう見えるか。タコつぼを打破するヒントを得られるかもしれない。

部屋は鏡

■子供たちとジェンガで遊んでる最中「ジェンガあまり得意じゃないんだよね。丁寧な人間じゃないからさ」っと溢したら「あぁ~・・・」と納得を頂きました。そうです丁寧じゃないんです私。でも手は早いよ。

■去年までにやろうとしていた事を延々と先延ばしにしてそれでも1月はまだ12月だと言っていたその1月がもうすぐ終わりそう。色々と先延ばしにしてしまう悪い癖。2月はもっと早く終わるのに。

■まず今の私の部屋の環境が良くない。散らかってる。タバコを吸うだけの部屋なのになぜこうも散らかるのか。部屋は自分の心を映す鏡でした。まずは次の休みに部屋を片付けて、掃除して、後回しにしていたことに取り組みます。

めでたい凍結

◼️姉に第三子が生まれ、いやぁめでたいめでたいと思いながらうちにあった新生児用の服とベビーベッドとベビーバスを運ぶ今日この頃。いやぁめでたい。

◼️児童デイでは「奥様お絵描きですよ」パロ「お子様お絵描きですよ」とけん玉をして遊ぶ。たまたま左手用しか余っていなかったので左手でもし亀を練習してました。そしてお子様お絵描きですよのお題を考えながら難しくなくかつ簡単でもない、「鬼ごっこ」「ガソリンスタンド」「雪まつり」を書いた私、なかなかいい線いってませんか

◼️そして大寒波の今日家の水道が凍結していないかビクビクしながら息子たちと帰宅した私。帰宅直後何も考えずにトイレに行きたいという息子を連れてトイレへ。水は無事流れて良かったよかった、ていうかこの家の元栓どこ

新しくなって登場

◼️皆さんこんにちは。ボラスタの山川です。

◼️あの感動から約7〜8年、また新しくファイズギアが再販される事が決定しました。今年で20周年のファイズって俺より年下やん。当時18歳だった半田健人は今や歌謡アーティストになってるし20年って聞くと意外とすごいな。ベルトに関しては7〜8年前の改良でそんなに変わったギミックも追加されてるわけではないらしいので少し残念エラー音とか変身解除音とか追加してくれれば良かったのに。

◼️まあ僕はそんなライダーベルトを買うお金なんてないので実物を買った人の動画を見て楽しみます。ではまたを

誤植の楽しみ

■防水のBluetoothスピーカーでニュースなど聞きながらシャワーを浴びるのが好き。愛用しているスピーカーの取扱説明書を見てたら吹き出した。

ボンタ
ペングリア

■こういう誤植というのは、日本語の文字を外国の人が見間違えて別の文字にしてしまうこと(も→毛、シ→ツ、リ→ソなどなど)が多いのだけど、今回のはよくわからない規則でカタカナだけ間違えている。そして、全部同じ規則で間違えているのかと思ったら、一箇所ちゃんと「ペアリング」になっていたりして、一体何があったんだと思案している。別にしなくていいんだけど。(火曜日)

不登校児童生徒支援連絡協議会その2

■1月20日(金)、道教委主催の不登校児童生徒支援連絡協議会に参加した。内容は18日に山田が参加したものとおなじ。

hyouryu.hatenablog.jp

■新しい生徒指導提要については東京都教育庁の資料が見やすい。まず「生徒指導」を定義。

生徒指導は、児童生徒が、社会の中で自分らしく生きることができる存在へと、自発的・主体的に成長や発達する過程を支える教育活動のことである。なお、生徒指導上の課題に対応するために、必要に応じて指導や援助を行う

生徒指導の目的は、

児童生徒一人一人の個性の発見とよさや可能性の伸長と社会的資質・能力の発達を支えると同時に、自己の幸福追求と社会に受け入れられる自己実現を支えること

であり、そのためには「児童生徒一人一人が自己指導能力を身に付けることが重要」だとする。「自己指導能力」とは、

児童生徒が、深い自己理解に基づき、「何をしたいのか」、「何をするべきか」、主体的に問題や課題を発見し、自己の目標を選択・設定して、この目標の達成のため、自発的、自律的、かつ、他者の主体性を尊重しながら、自らの行動を決断し、実行する力

を指す。

■生徒指導が「自分らしく生きる」のを支えるものとは知らなかった。そのほか「自発的」「自律的」「主体的」「自己理解」と個人の強調が続くが、そこにふわっと「社会に受け入れられる自己実現」なる文言が入る。確かに、他者を傷つけるのが目的な自己実現は困る。だが、はじめから「社会に受け入れられる」と枠をはめた「自己」は本当に「自己」なのか。

■そこへもって「自己指導能力」。「能力」の二文字がくせものだ。「自己の幸福追求と社会に受け入れられる自己実現」ができなかった者は、自己を指導する能力が足りなかったことになる。主体的に問題を発見して自己の目標を設定し、自発的にかつ他者を尊重して行動できないから、社会に受け入れられないのだと。典型的な能力主義論と自己責任論。生徒指導はそれを内面化させる。

■自分の人生を自分で切り拓けるのはきっと楽しい。だが、それは一定の条件がそろってのことで当たり前のものではない。そう言うと、次に「支援」が飛んでくる。環境を能力をサポートしてやれば、きっと自己実現が可能になる。「不登校児童生徒支援連絡協議会」の名前のとおり、話は不登校支援へ向かう。

■生徒指導の構造は「2軸3類4層」で示される。図は東京都教育庁から引用。

まず時間軸でふたつに分ける。これが山田も書いていた「リアクティブ」と「プロアクティブ」で、要は「早期発見・早期対応」と「未然防止」の言い換えだ。次に対象の児童生徒でみっつに分ける。すべての児童生徒を対象にした「発達支持的生徒指導」、すべての児童生徒対象の未然防止および一部児童生徒の早期対応をあわせた「課題予防的生徒指導」、特定の児童生徒対象の「困難課題対応的生徒指導」。このうち課題予防的生徒指導を早期発見対応と未然防止に分け、生徒指導の4層とする。

不登校を問題行動と見なしてはならないとの見解この協議会でも出た。不登校の背景には多様な問題があり、アセスメントにもとづいて、個に応じての具体的な支援が重要となる。支援の目的は学校復帰のみではなく、社会的自立(精神的自立+経済的自立)であり、これは「児童生徒一人一人の個性の発見とよさや可能性の伸長と社会的資質・能力の発達を支えると同時に、自己の幸福追求と社会に受け入れられる自己実現を支える」生徒指導の目的とも合致する。

■それを生徒指導の4層に当てはめるとこうなる。図は生徒指導提要より。

内容はこれまでのものと大差はない。「困難課題対応的生徒指導」の層では連携先としてフリースクールの名も挙がっている。

■と、長々と書いたが、あまり意味はないなと思っている。というのも、結局、後半の実践報告やグループ協議では「どうやって学校に来させるか」が語られていたからだ。これはある意味しかたない。「不登校」から入れば支援による改善はやっぱり「登校」になる。学校現場ならなおさらだ。おまけに生徒指導提要にこうあるのだ。

したがって、不登校で苦しんでいる児童生徒への支援の第一歩は、将来の社会的自立に向けて、現在の生活の中で、「傷ついた自己肯定感を回復する」、「コミュニケーション力やソーシャルスキルを身に付ける」、「人に上手に SOS を出せる」ようになることを身近で支えることに他なりません

いくら不登校は「問題行動」ではないと聞かされたって、自己肯定感が傷つくの、コミュニケーション力がつかないの、SOSが出せないの(どれもできないから『支援』が要る)と言われりゃ、不登校自体は「問題」と思う。学校に来させて問題が改善するならそれを目指すだろう。「学校に来られない」「登校できるようになった」と何人から聞いたか。学校に戻さなくてはと考えているのだ。

■通して参加して、「支援」なる言葉はよくないなとあらためて思った。「学校復帰」ならば「学校に戻すのが本当の解決だろうか」と自問もする。だが「支援」はどうか。いろいろ大変そうだから助ける。これに抗うのは難しい。「支援」の向かう先と「支援者」の立ち位置は深く問われず、「ここまでおいで」と児童生徒を引っ張る。「自己指導能力」のおまけをつけて。

■「いろいろ大変そう」と書いたが「多様化」もまた危うい。「不登校の要因は多様化している」と生徒指導提要にも何度も出てくる。多様「化」したかどうかは置いといて、多様なのはそうだろう。だって、子供は一人ひとり違うのだから。そして、そもそも多様な子供の通う先が「学校」なんじゃないのか。「不登校の要因は多様化している」と言ったとたん、学校の在り方は隠れて見えなくなる。それは「支援」の方向、「支援者」のスタンスのあいまいさとリンクする。

■以前、山田が学習指導提要を評して「ステルス学校復帰」と通信に書いた。指導提要に限らない。「支援」「多様化」の文言はかかわりをあいまいにさせ、「主体性」に隠して子供に「自己責任」を埋め込む。「自分の人生を自分で切り拓くのはきっと楽しい」と書く俺も、おそらく能力研鑽による自己実現を当然視している。言葉から見直さねばならないと思った3時間の会議でした。でも、ちょっと疲れちゃった。(1/24 夜)