漂流日誌

札幌のNPO「訪問と居場所 漂流教室」のブログです。活動内容や教育関連の情報、スタッフの日常などを書いています。2002年より毎日更新

Sapporo チャイルド・ライツ2022

■このイベント告知をすると秋~冬だなという気になる。今年もやります、「Sapporo・チャイルド・ライツ」。おもに札幌で子供とかかわるNPO7団体があつまってのプロジェクトです。

■今年度の目玉は市内中学校の図書室と連携しての子どもの人権特集企画。詳細はそれぞれの学校(司書)に頼り切りですが、ここまで広がったかと思うとうれしい。いや、当の子供らに届かないとしょうがないんだけどね。

■で、11月13日(日)に札幌市中央図書館で「子どもの権利と本の力」と題したフォーラムを開催します。中央図書館は昨年度も特設コーナーをつくっていただきましたが、今回は共催でフォーラムを実施。定員は50名です。

■そのほか、恒例のブックカバー配布もおこないます。協力書店のみなさまありがとうございます。「Sapporo・チャイルド・ライツ」2022は11月に開催。情報はリンク先より随時発信していきます。

sapporo-child-rights.com

目鼻がついた

■子供が熱を出してずっと家にいた。いったん平熱に戻ったがまたぶり返して、ごはんもあまり食べない。代わりにやたら牛乳を飲む。さて、明日はどうなっているか。

■二週間後に講師の仕事があって資料をつくっている。当たり前の話ばかりでつまらんなと思っていたのだが、最後にちゃぶ台返しをひとつ入れるのを思いついた。しかも、その方が締まる。よし、これでいける。

コロナ記録

■今日で9月も終わり。夏日続きで全然そんな感じはしないが、来週頭に雨が降ってからは涼しくなるようだ。

■9月26日から新型コロナの届け出方法が変わった。65歳以上や入院を必要とするケース以外は発生届は出さない。そのほかは年代別に人数だけ報告する。これでなにが変わるのか。北海道のサイトにはこうある

  • 陽性者の通し番号(道内~例目)、患者との接触、性別、現在の状態、現在の状況、発症日、陰性確認済み累計、濃厚接触者の有無、現在患者数、10万人当たりの療養者数、感染経路不明割合は、実数が把握できなくなったことから公表を取りやめます
  • 「居住地別」は「医療機関所在地別」に変更します
  • 1週間に1回、公表しております市町村ごとの7日間累計感染者数の数値は、発生届出のあった患者数となります

個人の捕捉をやめるわけだから動向は当然わからなくなる。早速、公共施設での名前と連絡先記入がなくなった。接触確認アプリ「COCOA」も停止するとニュースで見た。まあこいつはエラーばかりでほとんど機能していなかったようだし、そもそもつかっていないから、どうでもいいけども。

■27日、28日と前の週より1000人以上新規感染者が増えたが、29日、30日は逆に1000人減った。先週は祝日が二日あり病院が休みだったせいもあるのだろう。乱高下でトレンドがわからないが、さていま感染は増えているのか減っているのか。そしてこのあとどうなるのか。

■確かに面倒はすこし減った。社会が回る、というか、人は出回るようになるよね。感染者の行動把握はしないので、感染後、外に出るも出ないも個人任せ。体調管理や経過観測もそうなる。宿泊療養や食料手配を希望する際は自ら申請する。新たな感染対策をするわけじゃないから、そのうちまた次の波が来るだろう。これまで以上のウェーブになりそうな予感しかしないのだが。

■コロナ対策の総括っていつか行われるんだろうか。忘れてしまわないようにと、こうしてたまに記録している。「野放し」なやり方が広まるなか、入院患者の面会はやっぱり禁止だし、コロナで死んだ際は葬儀もせず直接火葬場行きだ。なんだかなあ。静かなデスゲームをしている気分だよ。

野菜収穫

■木村です。自転車に乗ってたら雪虫の素みたいなのが飛んできた。まだ白くないやつ。

■秋の収穫祭という感じで、ちょくちょく祖父母の畑の野菜収穫を手伝いに行っています。とうきびに玉ねぎ、じゃがいも。もう少ししたら人参や大根、白菜やキャベツも収穫するでしょう。冬の料理に想像が膨らむ。

好きなこと

■自分の好きなものを人に伝えるというのは、少し勇気がいります。私は、私が好きなものを否定されたりバカにされたら嫌な気分になる。だから自分の好きなものを人に言う時は人を選ぶし、好きな物の中でも話題を選びます。

■それと同じで、自分が怒ったことや悲しかったことを人に話すのも少しだけ緊張します。悲しいことを言った時に「そんなことで」と言われたらもっと悲しくなるし、怒ってるときに「そんなことで」といわれればもっと腹が立つ。悲しんだり腹が立ったりしたくない。だから話す時は勇気がいる。

■という話は前にも何度か書いたことがあるんですが、最近私の中で「どう思ったか」の部分を隠して人に話していることに気づきました。「こんなことがあって」「こんな物があって」と自分がどう思ったのかを隠して伝えて反応を見る。なんだ、私臆病になってないか。

■共感はうれしいだけじゃないし好きなことは共感したいだけじゃない。という話を書きたかったんだけど話がまとまりませんでした。以上!

伝わる側から伝える側に

■皆さんこんにちはボラスタの山川です。

■10月から職場で新人研修が始まるのですがその研修講師を頼まれました。あまり人に物事を伝えるのは得意ではないですけど重点的に[何が大事なのか/何を確認したいのか]だけさえわかれば問題ないんですがね。大体急いで電話かけてくる人の大半は事の経緯から話を始めるから話が長くなるんですよね。結局のところ○○で困っているからと伝えてくれればすぐ対処できるのになぁと思いつつも事の経緯を話してもらえれば大体の状況は見えてくるからまあそれもそれでありがたいですけど

■○○なんだよね、とか○○したいとか中々言い出せない人とか言えない人っているし自分も自身の意見とか考えを述べるのが苦手です。的外れてないかなぁと不安になる瞬間があります。でも言わなきゃ分からない事もありますよね。ではまた。

朝ラン

■札幌マラソンまで1週間を切ったので、最近サボっている朝のランニングを再開せねば、と思い早寝をしてみた。

■この季節は自分的には一番走りやすい時期だと思う。少し肌寒いくらいの朝だけど、3㎞も走れば全身が暖かくなる。そして、走り出す時間が丁度日の出と被るので景色も良い。これがもう少し前だと、朝の4時ころに走り出さなきゃならずいささか辛いし、もっと後になると気温がかなりきつくなる。まあでも去年は冬も走っていたのだけどね。

■ということで、今週は朝6時前後に北大あたりを走っているので、一緒に走りたい方はしゃるうぃ~。(木曜日)