漂流日誌

札幌のNPO「訪問と居場所 漂流教室」のブログです。活動内容や教育関連の情報、スタッフの日常などを書いています。2002年より毎日更新

「で」と「の」

■5月12日の日誌で「女の子の(命がけの)成長を描いた作品ってなんなんだろう」と書いたところ、読者の方から葉書で感想をいただいた。作品も挙げてあって、そうか、それがあったかと納得。ありがとうございます。今後ともごひいきに。
hyouryu.hatenablog.jp

■個別学習計画については相変わらずうだうだ考えていて、前の日誌では「すでにシュタイナー学校など、どこかのオルタナティブスクールに通っているが、正規の学校と認められないので不登校扱いになっている子供。または、学校での勉強のほかに学びたいことがあって、自分でどんどん進めている子供。そのようなケースには受け入れられるかもしれない」なんて書いたが、どうかな。ホームスクールやフリースクール「で」学ぶことがOKになっただけで、ホームスクールやフリースクール「の」学びが認められたわけじゃないよね。学校教育法下にあるわけだし。

■もちろん、あの10項目を逆手にとって、いかに好きなことをするかが腕の見せどころなわけだけど、それが厳しい団体や家庭もある。それに法律はある日、突然牙をむく。札幌市のフリースクール補助も少しずつ様子が変わってきている。

■そんな、教室ののれん分け程度のみやげで個別学習計画を導入するのはわりに合わないと思うんだけどな。「の」が認められるように動くならまだしもさ。

おいおーい

■なるほどなるほど。前から話は聞いていたが教育機会確保法はそんな方向にまた行こうとしているのか。3年前と法律制定に向けたやり口が全く同じなのは気のせいだろうか。

hyouryu.hatenablog.jp
■そもそも3年前の教育機会確保法のあの半ば強引な法律制定自体いけ好かないないので、こんなものはさっさと廃止して白紙からやり直せと言いたいので、あまり意見が無い。が、17日の日誌にある”1、法案見直しについて動いているフリースクール議連等の動きを広く周知し、内容の情報公開を行い、民主主義的プロセスを重視するべく、多くの人が参加できるようにし、意見表明する場を作ること。”というところ。果たして中央がこの文言の重要性を理解するのだろうか。むしろ敢えて情報統制して国会に法案提出する直前で審議にかけ、どこが賛成、反対かをチェックして篩いにかけたがっているのではないかと思っている。こんな「議論」ということするうえで上記の様な当たり前の事を「意見」として提示しなくてはならないことに深く憂慮するものである。

■あまり教育の話ばかりだとお腹いっぱいになるだろう。腹八分がちょうどいい。そういや個別学習計画ができるとますます不登校の子たちは休めなくなるのだな。いいかげんにせいやい。

■おだやかな曲でも聴いてないとこんな真面目に書かないね。すごくなつかしい曲、手嶌葵で「テルーの唄」。どこかでこの曲は全部5,7,5,7、7の歌詞で出来ていると聞いた。そうなのかね。結構聴いてるけどよぐわがんね。

手嶌葵 - テルーの唄

思ったことを書いています。

■皆さんこんにちはボラスタの山川です。膝は良好です。

■日誌を途中まで書いたが、着地点が中々見つから無さそうだったのでボツにしました。昨日靴を買いに行きました。サイドゴアブーツとハイカットのスニーカーみたいな感じの靴と2足ほど、やはり古着は最高。家に帰ってからバスケ漫画スラムダンク】を見てて無性にバスケットシューズが欲しくなりました。やはりAir Jordanかっこいいな~...欲しいな~...と画像検索してニヤニヤしてました。やはり主人公の桜木花道の履いているバッシュ、カラーは赤と黒。これだけでも欲しくなりますね。結構高いのですよこの靴...いつか買います。そして自慢しますね。f:id:hyouryu:20190618100647j:plain

やはりバスケをやりたい、ただ今は膝を治します。そしてまたいつでも動けるようにします。ではまた

こんなことを伝えに行く

■日曜日のイベント「教育機会確保法の見直しを考える」で決めたフリースクール全国ネットワーク総会で伝える確保法見直しへの意見は以下の様になった。Facebookに載せたものを転載する。

総勢17名の参加者で、話し合うことができました。山田が昨年の合同教研で発表した教育機会確保法の成立についてのレポートを元に、成立の経緯と今回の見直しで今のところ出てきているポイントを解説。その後、それぞれの意見をポストイットに書き出して見せあいながら、共通する意見をまとめていきました。

以前から危惧を抱いて成り行きを見てきた人もいれば、今回初めて気になって来たという人もいました。当事者たる不登校の人や保護者が、慣れない法律の文言を読み条文の解釈を行うのは時間が必要であることを実感した時間でした。果たしてそうした当事者主体の視点が、今の見直し論議の中にあるかを問う必要も感じました。

当日の話をうけて相馬が考えたことについてはこちら。話の内容にも踏み込んでいます。
https://hyouryu.hatenablog.jp/entry/2019/06/16/233000

二時間半という短い時間でしたが、来週のフリースクール全国ネットの総会へ持って行く意見を三つ決めました。山田による補足・解説を含めて以下に紹介します。

1、法案見直しについて動いているフリースクール議連等の動きを広く周知し、内容の情報公開を行い、民主主義的プロセスを重視するべく、多くの人が参加できるようにし、意見表明する場を作ること。

たとえば、今般フリースクール全国ネットワーク名義で見直しについての要望が出されているが、見直しについての会議情報が直前にしか出ないことや要望の内容を時間が足りないという事務的な事情のみで様々な意見を聞かずに提出するようなことは止めてもらいたい。また、意見があれば直接持ち込んで話すようにという旨の発言がML上であったが、資金面人材面で余力が少ないことを調査でわかっている全国ネットの発言とは思えない。

2、個別学習計画を盛り込むことについては反対する。

「制定されても使わずこれまで通りの不登校をしていてもいい」とするむきもあろうが、就学義務履行という実利と繋がるとそれは不登校当事者の中に断絶を生む。また、当事者や家庭が計画を巡って悩む状況を生み出す。その恐れが多分にあるのに、それを避ける仕組みが考慮されていない。更に、フリースクールとしては、個別学習計画はその実践を学校教育法第21条の中に押し込めるものであり、反対すべきである。

3、個別学習計画によることなく、不登校当事者とその家庭及び多様な教育を行う団体への経済的支援を行うよう見直すこと。

フリースクールや「未来の教室」に代表されるようなEdTechに経済的支援が可能になる仕組みとして個別学習計画が提案されているが、一定の経済力があることを前提にするサービスが可能になるような法律となっている現状をより強固にする恐れが強い。法律制定中に社会問題としてクローズアップされてきた子どもの貧困に関する状況を鑑みても、個別学習計画を法律に入れることはできない。むしろ、子どもの貧困や地方財政の困窮状況、地方で異なる社会資源の質と量といった教育に関わる様々な格差を緩和するために、経済的支援を努力義務から義務に格上げし、対象も当事者・家庭・団体に広げる方向で見直すべきである。

なお上記に意見のある方はご連絡ください。意見に盛り込むように検討していきたいと思います。(山田)

■今さらながら思うけど、これ、不登校対策としての法律なんだから、教師にはもっと注目してほしいよな。個別学習計画なんか、教師の業務として求められることになるはずだけど。(水曜日)

むかしの方がよかったことに

■5月16日、「超党派フリースクール議員連盟・夜間中学等義務教育拡張議員連盟」の合同総会が開かれ、教育機会確保法見直しに向け馳座長の「試案」として「個別学習計画」作成が提案された。別資料で、フリースクール全国ネットワーク代表理事として奥地さんも個別学習計画を要望している。だが、この件について事前に加盟団体への相談はなかった。漂流教室は個別学習計画の策定を望んでいない。勝手にそんな要望を出されては困ると6月23日の全国ネット総会で談判することにした。で、それなら一緒に保護者の意見も持っていこうと、教育機会確保法について考えるあつまりを持った。みっつの親の会を含む17名が参加した。


(図:その後の話、この先の話。教育機会確保法とか、わたしたちのこととか。より)

■馳試案は、保護者と児童生徒が「個別学習計画」を作成し、教育委員会か国の認めた機関が認定すれば保護者の就学義務を履行したとみなすというものだ。個別学習計画は学校教育法第21条の10項目に沿ったものとする。

学校教育法第二十一条 義務教育として行われる普通教育は、教育基本法(平成十八年法律第百二十号)第五条第二項に規定する目的を実現するため、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする

  1. 学校内外における社会的活動を促進し、自主、自律及び協同の精神、規範意識、公正な判断力並びに公共の精神に基づき主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと
  2. 学校内外における自然体験活動を促進し、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと
  3. 我が国と郷土の現状と歴史について、正しい理解に導き、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する態度を養うとともに、進んで外国の文化の理解を通じて、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと
  4. 家族と家庭の役割、生活に必要な衣、食、住、情報、産業その他の事項について基礎的な理解と技能を養うこと
  5. 読書に親しませ、生活に必要な国語を正しく理解し、使用する基礎的な能力を養うこと
  6. 生活に必要な数量的な関係を正しく理解し、処理する基礎的な能力を養うこと
  7. 生活にかかわる自然現象について、観察及び実験を通じて、科学的に理解し、処理する基礎的な能力を養うこと
  8. 健康、安全で幸福な生活のために必要な習慣を養うとともに、運動を通じて体力を養い、心身の調和的発達を図ること
  9. 生活を明るく豊かにする音楽、美術、文芸その他の芸術について基礎的な理解と技能を養うこと
  10. 職業についての基礎的な知識と技能、勤労を重んずる態度及び個性に応じて将来の進路を選択する能力を養うこと

ICTの利用、通信制・単位制の義務教育段階での活用など教育の市場化を見据えていると思われるが、導入は「不登校支援」になるのだろう。ところで、これでなにがよくなるのか。現在、子供が学校に行かないことで保護者が就学義務不履行を問われることはない。文科省によれば、不登校は子供を出席させないことの「正当な事由」とされている。だが、個別学習計画作成、提出で就学義務を履行したと"みなす"ということは、出さなければ義務履行と"みなさない”ということになるのではないか。

子供が学校へ行かない

  • 個別学習計画を出す→就学義務履行
  • 個別学習計画を出さない→就学義務不履行

出すことにしたって、上記10項目を満たすような計画をつくれるのか。ちなみに就学義務不履行は10万円以下の罰金となる。

■個別学習計画を進める人は、個別学習計画は出さなくてかまわない、その場合はこれまでの不登校とおなじ扱いになると言うだろう。本当にそうか。ただ学校を休むことが許されるなら、そもそも不登校に悩む親子などいないのじゃないか。すでにシュタイナー学校など、どこかのオルタナティブスクールに通っているが、正規の学校と認められないので不登校扱いになっている子供。または、学校での勉強のほかに学びたいことがあって、自分でどんどん進めている子供。そのようなケースには受け入れられるかもしれない(あの10項目に縛られるならそれもあやしいが)。だが、それは「不登校」を対象とした法律ですることではない。

■あやしいといえば、「学校以外の学びの場を選べる」という言葉も少々あやしくて、はたから見れば選択肢が増えたように思えても、当事者にとってはAがダメならB、BがダメならCと、どんどん重荷が増えていくだけということもある。先日の札幌学院大学での講義でもそんな話をした。(それ以前に、学校教育法に基づいてるんだから『学校以外の学びの場』じゃなく『校舎の外にも学校を広げる』だと思うけども)

■すでに成人した子のいる参加者は「むかしに不登校しててよかったっていうことになるかもね」と冗談まじりに話していたが、もしそうなったら、道をつけたのはフリースクールということになってしまう。そんなの真っ平ごめんなのだが、ほかのフリースクールはどう考えているのか。めっきり声が聞こえなくなってしまった。議論百出の総会を望む。(6/17夕)

余市にまた繋がる

余市教育福祉村という老舗NPOがあって、もう始まって20年以上になる。なので、理事の高齢化が進んでいたところ、教育大札幌校の平野さんが引き継ぐことになり、理事の打診が自分にあったので引き受けた。そこで新旧の理事が集まり理事会を土曜日に行った。

■現状の課題を出し、今後どうするかを早いうちに考えることになる。無理せず力を貸せるところは貸すようにしていこうと思う。後志に繋がりがまた出来ることは、漂流教室のやっていることとしても助かるからな。Oh, selfish.

■終了後、高速を飛ばして札幌で夜回り。久しぶりにたくさんの人と会ったよ。(火曜日)

わたしのうた

■札幌市で起きた2歳児虐待死事件で、管轄の札幌市児相ではなく無関係の道児相に苦情が殺到、業務に支障をきたしているらしい。googleのレビューにも激しいバッシングが並ぶ。思い込みで脊髄反射的に相手を叩く。先方の都合、被害は考えない。本人は誤りを正してやったつもりなのだろうが、虐待だってたいていはしつけの名の下に行われる。すぐカッとなり、反省させるためには暴力的な手段も辞さない人たちがたくさんいる。虐待のなくならぬわけだ。

■センセーショナルな事件が起きると、百家争鳴、それぞれがぞれぞれにいろんなことを言い募る。言葉の洪水におぼれそうだと思いながら、それをあらわそうとするとやはり言葉しかない。

■「犯罪に走るのはひきこもりの中のごく一部であり、多くはそんなことはしない」という人がいる。確かにそうだ。だがそれは「少数のおかしなヤツのせいで大勢が迷惑を被っている」というメッセージになってないか。「他人に迷惑をかけるな」という世論を強化しやしないか。

■「社会的孤立」の「社会的」は必要なんだろうか。単にひとりだというわけではない。所属コミュニティがない、頼れる人や場所を持たない、そのような状況を指す言葉だというのはわかる。個人の問題ではなく、社会構造の問題だから「社会的孤立」。それでも、もし自分がそう言われたら、「社会」に激しく反応してしまいそうだ。「社会」に入れない落伍者と言われた気がするだろう。

おしゃべりな絵かきや 説明が得意な小説家はもうたくさんだよ
使い古した言葉に輝きこめて 話し続けたいんだ

あなたに届け私の声 未熟な言葉に魂を注ぎ込み
あなたに届けあなたに届け わたしのうた

片桐麻美の「わたしのうた」は高校生のころによく聴いた。市中に出回る言葉を無自覚につかっていると、だんだん感覚が鈍ってくる。自分の言葉が濁る。もっとごつごつした手触りがほしい。

わたしのうた / 片桐麻美