漂流日誌

札幌のNPO「訪問と居場所 漂流教室」のブログです。活動内容や教育関連の情報、スタッフの日常などを書いています。2002年より毎日更新

感度を鈍く

■大きなできごとが起きると人は興奮する。情報をあつめ、分析し、他人に話す。震災がそうだったしコロナがそうだったしウクライナ侵攻がそうだ。

■そして疲れる。脳をフル回転させているのだ。疲れないわけがない。それでも情報収集は止まらない。メディアがネットが次々と新たなニュースを運んでくる。状況は刻々と変わり、真偽不確かな情報がささやかれ、不安はいや増す。

hyouryu.hatenablog.jp

■「心の感度を下げに子供に会いに行く」。漂流教室のやり方は間違ってないと再確認するとともに、ついつい騒がしい世間の風を持ち込んでしまい反省する。子供が話す分にはいいが、こっちまでおなじ話をおなじテンションで話すことはない。それは子供に合わせたようで自分の不安を解消するための行動だ。何度かこの日誌でも書いたけど、また忘れかけてたから記しておく。